店舗

インフォメーション

千葉県 木更津港 宮川丸

店舗にて釣り具・釣り餌販売しております。
釣り具は和竿、竿かづ工房さんの和竿各種在庫アリ販売中
ルアーはブルーブルーを中心に各種販売中!!

船宿名 宮川丸 (みやがわまる)
住所 〒292-0067千葉県木更津市中央3‐15‐22
電話番号 TEL:0438‐23‐4891  
交通(車) 館山自動車道・木更津南インターより5分
アクアライン・木更津金田インターチェンジより15分
電車 JR木更津駅西口より徒歩13分。新型コロナウイルスの為、送迎は休止中。
駐車場 お店の両脇等に無料駐車場あり。
集合場所 お店にて受付後、船着き場へ移動
乗船名簿 お店にて必ず記入して下さい。
ご予約 堤防渡船の事前予約は承っておりません。
乗合船・仕立船は必ず事前にご予約をお願い致します。
※気象状況により出船の可否が微妙な場合は事前にお電話にてご連絡ください。
定休日:火曜日
  エサ各種(青イソメ、アミコマセなど)、釣り竿、仕掛け、ライフジャケットなど店舗にて販売しております。

案内図

案内図

東関東自動車道館山線南インターからの道順

館山自動車道、木更津南料金所より、富津方面を目指し、終点のつきあたりの、信号を右折し、道なりに走り三つ目信号の正面が海の丁字路の信号を右折、それから3つ目の信号を左折し300Mぐらいで、急な右カーブを、曲がってすぐの右側です。

アクアライン 金田インターからの道順

  • アクアライン金田インターは料金所は一番左しか降りられませんので、必ず一番左側の料金所をお使いください。
  • それから降りまして三つ目の信号を右に曲がり道なりに走りT字路の突き当りを左に曲がってください。
  • あとは道なりに走り木更津市街方面に向かいます。
  • 信号にして7個めの交差点に差し掛かりますのでそこを右に曲がって200Mぐらいの左側にお店があります。


宮川丸お店写真

渡船時間

季節により変更しますので、
堤防渡船の出船時間をご確認ください。

料金表

料金は船代のみ、堤防は往復の金額です。

防波堤渡船

  • 大人¥3,500、中学生¥2,200、小学生¥1,800
  • 貸し竿¥1,000(+保証金¥1,000)

シロギス乗合船

午前船

  • 大人 ¥7,000(エサ1パック付)
  • 女性・子供 ¥5,000(エサ1パック付)

午後船

  • 大人 ¥6,500(エサ1パック付)
  • 女性・子供 ¥4,500(エサ1パック付)

イイダコ乗合船

  • 大人¥6,500
  • 女性・子供¥4,500

各イイダコテンヤ貸し出し

エサメバル乗合船

  • 大人¥6,500
  • 女性・子供¥5,000

ルアー乗合船

  • 昼間  大人 ¥9,500  女性・子供¥7,500
  • 夜  お一人様 ¥7,000
  • 貸竿1本¥1,000

仕 立 船

  • 大船10人迄¥95,000
  • 1人増えるごとに+¥7,000
  • ルアー船・遠征(富津岬を超える場合) 追加料金¥10000
  • 仕立て船 船代金は船代のみの金額です。

貸竿1本¥1,000(仕掛1組付きます)

利用者の安全確保に関する情報

遊漁船業登録内容(水産庁規定公表義務化)

遊漁船業者登録票
氏名又は名称 有限会社 宮川丸
登録番号 千葉県 第 0660001 号
登録の有効期限 令和5年7月1日から 令和10年7月2日まで
営業所の所在地 千葉県木更津市中央3-15-22
遊漁船の名称 宮川丸
遊漁船業務主任者の氏名

宮川邦夫

宮川佳奈

三木武師

登山邦雄

高島真純

損害賠償措置の保険期間
(遊漁船業登録船舶)
  令和5年6月22日から 令和6年6月21日まで 賠償責任 お1人様 八千万円
遊漁船業登録船舶
第十二宮川丸
第十五宮川丸
第16宮川丸
千葉県 第 235-30305 号 千葉県 第 235-42075 号 千葉県 第 232-40966 号 計 3 隻

無線設備・非常用位置発信装置

※左記登録船舶は、国土交通省の定める全通水密甲板検査(JCI)に合格し必要な安全設備を搭載しております。

出航中止基準

出航地の波高   2m以上

出航地の風速  15m以上

出航地の視程 100m以上

帰港基準

出航地の波高   2m以上

出航地の風速  15m以上

出航地の視程 100m以上

案内する漁場の位置

[東京湾]千葉県・神奈川県

避難港

千葉県沖     港

神奈川県沖    港

瀬渡し業務  ・ 無)瀬渡し最大人数 146 名様
人を運送する内航不定期航路事業 国土交通省届出(有 ・ 無)作業船

※遊漁船業業務規程(別表6 安全の確保のため船長及び業務主任者が遵守すべき事項のもと操業いたします)

登録番号千葉県 第0660001号氏名又は名称有限会社 宮川丸
作成日  令和6年3月23日 変更日1:  /  / 2:  /  / 3:  /  / 

別表6 安全の確保のための船長及び業務主任者が厳守すべき事項

航行中及び利用者が水産動植物を採取している間、船長及び業務主任者は以下のとおり行動します。
〇一般的事項

  • 出航から帰港するまでの間は、飲酒はしません。また、酒気を帯びて漁場に案内しません。
  • 航行中、波の影響により船体が動揺するときは、波の状況について適切な見張りを行うとともに、波の対する進路の変更を行い、かつ、安全な速度まで十分な減速を行うことにより、船体の動揺の軽減に努めます。
  • 航行中、波の影響により、船体が動揺して危険が予想されるときは、利用者に対して動揺が比較的小さい船体中央より後方の部分に乗船するよう指導します
  • 乗船中は、船室内にいる場合を除き、救命胴衣(船に備え付けられ、又は持ち込まれた、船舶の種類や航行区域に応じて国土交通省が定める要件に適合するものをいいます。以下同じ。)を着用します。
  • 乗船中は、船室内にいる場合を除き、利用者に常に救命胴衣を着用させます。
  • 12歳未満の小児には、乗船中は、常に救命胴衣を着用させます。
  • 利用者の乗船場所から漁場又は漁場から漁場までの間における岩場、浅瀬、河川域、防波堤、定置網、養殖施設等を調査し、危険性の評価を行い、特に危険と認められる場所について、別添にとりまとめ、安全に航行できる航路、避険線等の設定を行います。
  • 航行中はGPSプロッター等を利用して自船の位置を確認し、上記で設定した航路の航行、避険線に基づいた安全な航行を行います。
  • 随時、気象や海象等に関する情報収集を行い、気象又は海象等の状況の悪化等、利用者の安全の確保のために必要と判断される場合は、船室内においても利用者に救命胴衣を着用させます。
  • その他(船舶設備に異常が見られた際は直ちに操業を中止し、停泊地へ帰港します)

〇船釣りをする場合

  • 利用者を案内している間は、船長及び業務主任者は自ら釣りをしません。

〇瀬渡しをする場合

  • 利用者は安全確認のため、渡した磯等を定期的に巡回します。
  • 磯等において、利用者には常に国土交通省が定める要件と同等以上の性能を有する救命胴衣を着用させます。
  • 磯等において採捕を終了した利用者を収容し帰港する際、利用者が遊漁船に乗船していることを確認します。

〇体験漁業(観光定置、観光底びき 等)をする場合

  • 利用者が網揚げ等をしている間、利用者に危険が生じないよう安全に操業します。